So-net無料ブログ作成

ウォーキング再開~仮城宝処の譬えばなし~

住職日梵です

 昨年十月より、危機感を感じ、ウォーキングを開始しました。距離は1日6~12㎞ 法華寺~松井山手駅二往復。三日坊主を克服し、半年継続したものの、気温上昇とともに自然に中断してしまいました。

 しかし、八キロ減も数ヶ月で元に戻り、再び再開しています。今日は二往復。足は痛い腰は痛い。最悪でしたが、目的に向かってがんばります。

途中、花住坂のファミリーマートでお茶を購入して一服します。ヘルシア緑茶や黒烏龍茶をいただきます(笑)
結構リラックスできますよ!

ここで急に真面目な話。


法華経の化城諭品第七には化城宝処のたとえ話があります。

 ある旅人たちが五百ヨージャナ(ヨージャナとは古代インドの単位。由旬ともいう)というとても遠い場所にある宝を求めて旅をしていました。しかし、行けども行けども先が見えません。投げ出してしまおうか?歩みを止めてしまおうか?すると、仲間の中で優れたリーダーが300ヨージャナのところに幻のお城をつくり、仲間をを休ませます。リフレッシュした仲間たちは再びやる気を取り戻して、ついに宝の場所へと到着することができました。

 これは真実のさとりの世界。すなわち法華経に説かれる霊山浄土に至ろうとするも、煩悩や欲に邪魔され、挫折しそうになります。そこですぐれた指導者、親のような存在である仏様が、我々のレベルに合わせて多くの教えを説き、いったんは安住させます。そしてあらためて本来の目的である法華経の修行、霊山浄土へと導いてくださる。

多くの経典の中が存在する中で、真実の修行、涅槃成仏は法華経にあると示されたたとえ話です。

今の拙僧にとってファミリーマートは仮城といったところでしょうか。

ふざけてスイマセン。合掌

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。