So-net無料ブログ作成
検索選択

ウォーキング再開~仮城宝処の譬えばなし~

住職日梵です

 昨年十月より、危機感を感じ、ウォーキングを開始しました。距離は1日6~12㎞ 法華寺~松井山手駅二往復。三日坊主を克服し、半年継続したものの、気温上昇とともに自然に中断してしまいました。

 しかし、八キロ減も数ヶ月で元に戻り、再び再開しています。今日は二往復。足は痛い腰は痛い。最悪でしたが、目的に向かってがんばります。

途中、花住坂のファミリーマートでお茶を購入して一服します。ヘルシア緑茶や黒烏龍茶をいただきます(笑)
結構リラックスできますよ!

ここで急に真面目な話。


法華経の化城諭品第七には化城宝処のたとえ話があります。

 ある旅人たちが五百ヨージャナ(ヨージャナとは古代インドの単位。由旬ともいう)というとても遠い場所にある宝を求めて旅をしていました。しかし、行けども行けども先が見えません。投げ出してしまおうか?歩みを止めてしまおうか?すると、仲間の中で優れたリーダーが300ヨージャナのところに幻のお城をつくり、仲間をを休ませます。リフレッシュした仲間たちは再びやる気を取り戻して、ついに宝の場所へと到着することができました。

 これは真実のさとりの世界。すなわち法華経に説かれる霊山浄土に至ろうとするも、煩悩や欲に邪魔され、挫折しそうになります。そこですぐれた指導者、親のような存在である仏様が、我々のレベルに合わせて多くの教えを説き、いったんは安住させます。そしてあらためて本来の目的である法華経の修行、霊山浄土へと導いてくださる。

多くの経典の中が存在する中で、真実の修行、涅槃成仏は法華経にあると示されたたとえ話です。

今の拙僧にとってファミリーマートは仮城といったところでしょうか。

ふざけてスイマセン。合掌

nice!(0)  コメント(0) 

素晴らしい葬儀と最近の傾向

 昨日、師僧の自坊で葬儀の役僧を依頼されました。故Gさんは信行会の会長を務められるなど、寺門興隆に絶大な貢献をなさった方で、いつ訪ねても必ずお寺にいらっしゃいました。人柄も明るく、心から菩提寺を愛しておいででした。拙僧も出家得度以来大変お世話になり、報恩も込めて全身全霊で霊山往詣を祈念いたしました。

 当日は親族関係者はじめ、信行会員が総出で参列、出棺時は勇壮な団扇太鼓の音色、皆で声浪々とお題目をお唱えしました。喪主の息子様の挨拶で「頑固な父でしたので、よく衝突することもありましたが、今日、皆様の温かな御心に触れて、父の家族では感じ得ない部分を評価していただいたことを認識し、感謝の気持ちで一杯です。」と仰いました。なくなったお父様が心の中に蘇った瞬間ですね。葬儀ってやはり必要だと思います。
 
 太鼓を叩きながらふと思った。十数年前の華やかな落慶法要、笑顔に満ちた檀家さん。副住職が荒行から帰山した際の誇らしい瞬間。そして今回の葬儀と、お寺って一つの空間で色々な相があるけれど、人生の卒業式を愛すべき我が寺で厳修できた故Gさんも生きた関係者も皆笑っているかのように見えました。
 
 最近は直葬と言った便利な言葉がありますね。そのような言葉を誰が考案したのか?ペットが亡くなり供養する人が増えていますが、動物の直葬が減り、人の直葬が増える。変な世の中になりました。

 皆様はその言葉に救われているのでしょうか、惑わされているのでしょうか。現代日本人は瞬間に囚われ、ただ生きているだけの者が多いのか、誕生日結婚式、成人式は派手にしても、葬式はしない。他者からの恩を消費だけして報ずることをしない。自分本意に生き、自分の為だけに物質を消費する。遺族はサラッと「直葬しましたが四十九日はしたい」と言う。形だけで心が伴わない儀式などそれこそ無意味。
 
 ある方は「成仏するためには四十九日をしてやらないといけないと聞いた」という。なら、どうして葬儀してやれなかったの?曰く「時間と費用を節約した。最近はみんな直葬が増えているらしいから」と。現代人はけっこう霊やお化けを気にするしスピリチュアルだのパワースポットだの言いますが、ここで故人が化けて出ることは考えなかったのかな?
 
 人として心を養う機会が葬儀や供養なのだと思います。そして、自他共に仏道を成ずると言うように、皆の真摯な祈念が故人の魂を宗教的救済世界に安住させ浄化成仏するのです。煩悩に惑わされ、執着心を残し、顛倒する衆生の魂は、未浄化の風になるか、輪廻の渦に呑み込まれてしまう。

 故Gさんは千の風にならずに霊山浄土に安住したことでしょう。そして我々をお見守りくださるでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

本堂で聞くクラリネット四重奏団「秋のコンサート」ご案内

この度、法華寺菩薩団では、少しでもお寺を身近に感じ親しんでいただく為、シタール演奏会以来、3年振りに本格的なクラリネットコンサートを企画いたしました。[演劇][るんるん]

演奏者四名はプロのミュージシャンです。[るんるん]その中で3rdクラリネットを担当される村西俊之さんは法華寺菩薩団員なんです。[わーい(嬉しい顔)]

当日は日頃お世話になっております皆様へ感謝の意を込めて、入場は無料とさせていただきました。[黒ハート]

菩薩団員一同、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。ご不明な点は遠慮なくお問い合わせください。

詳細は画像をご覧ください[exclamation×2]

日時 平成23年10月23日 午後2時開演(午後1時開場)

会場 京都府京田辺市大住岡村61 日蓮宗法華寺

定員100名

[ひらめき]入場無料[ひらめき]

[演劇]駐車場に限りがございますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。[電車][バス]


少々見づらく申し訳ないです[ふらふら]
DVC00114.JPG
DVC00113.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

「初盆を迎える震災受難の精霊を精一杯もてなそう」大津と京田辺の「菩薩団」が盂蘭盆灯火会開催

 大津市本要寺と京都府京田辺市法華寺の両信行組織「菩薩団」は8月20日、修養道場と盂蘭盆灯火会を京田辺市法華寺で開催した。
 
 この道場は今年で六回目を迎え、毎年見えないものへの畏敬の念を育んでもらうことを目的に開催しているが、今年は震災犠牲者の鎮魂をテーマに開催。
 
 当日は、会場寺院の法華寺菩薩団が中心となって竹灯籠の準備と当日振る舞われる二百人分のカレーライスや各種出店の準備を行い、その後、鎮魂法要で奉納する団扇太鼓や読経の練習をした。また、参加者全員で震災犠牲者・行方不明者合計数の折り鶴を作製し、御宝前に奉納した。
 
 なお、当日奉納された東日本大震災鎮魂竹灯籠の収益は義捐金として全額被災地に送られた。
 
 盂蘭盆灯火会には両寺檀信徒が多数参加し、地域住民約百人も参加した。

 当日はあいにくの雨模様となったが、法要に参加したネパール国出身のジョシ・サンブ・ラル氏は「ネパールでは法要中に降雨することは瑞象とされ大変有り難いこと。慈雨が法華経の道場に注いだ」と語った。
 
 住職は「日蓮聖人は四恩を知って恩に報いるべきと説かれました。現代人は不孝の民になりつつある。今こそ自分本位の生き方をあらため、この盂蘭盆には先人を精一杯おもてなしし、国を愛し、全ての生命を重んじ、日々清らかな心で生活しましょう」と語った。
 
 本要寺と法華寺は同じ住職のもと信行に励む仏縁から、多くの交流活動を展開している。

DVC00090.JPGDVC00088.JPGDVC00086.JPGDVC00078.JPGDVC00062.JPGDVC00235.JPGDVC00046.JPGDVC00041.JPGDVC00013.JPGDVC00027.JPGDVC00021.JPGDVC00181.JPGDVC00025.JPGDVC00035.JPGDVC00004.JPG1314194666-picsay.jpg1314194334-picsay.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。