So-net無料ブログ作成
検索選択

待ち遠しかったよ

百合のような女性だった檀家の友紀さん。この世を去り半年が経ちました。闘病中は時を無駄にせず、言い訳もせず、精一杯生活されました。葬儀では「山の頂で美味しいおにぎりを召し上がっているだろう」とお話ししました。心を込めて授与した法号は大輪院妙鶯日紀信女。偶然にも彼女がこよなく愛した街の市鳥が鶯でした。ホーホケキョウ。春麗らかな日差しの中で故郷に戻ってくれました。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。